2020.Jul | WORK-働く

【どんな企業が外国人採用をするの?】「外国人が雇用されるケース」を知ろう!

外国人留学生の就職活動
仕事を探す上で、日本人と全く同じ探し方をすると非効率になる場合があります。国籍は関係なく採用する企業がとても増えてきていますが、外国人雇用の経験があまりなく、外国人採用に慎重になっている企業も多くあります。外国の方が採用されやすいケースを知っておくことで、効率的に仕事を探すことができます。ここでは4つのパターンについて見ていきましょう。

1、インバウンド対策

就職活動をしていると「インバウンド」と言う言葉をよく耳にするのではないでしょうか。
インバウンドとは、訪日外国人の日本観光のことを言います。
すでに日本で暮らしている外国人向けのサービスも総称(そうしょう)してインバウンドと呼ぶことがあります。

日本では、政府が2020年までに4000万人訪日外国人受け入れと言う目標を掲(かか)げています。
そのため、インバウンド市場の成長は大きく期待されているのです。
秋葉原や銀座で、大型バスに乗った中国の観光客の方々がたくさん買い物をする「爆買い(ばくがい)」のシーンをニュースなどで見る方もいるのではないでしょうか。
訪日外国人の方々が日本の経済の底上げ(そこあげ)を助けてくれている一面(いちめん)がうかがえます。
その訪日外国人観光客にサービスを行う際に、日本語だけでなく、各国の言語で接客などをする必要があります。
そのため、外国人の雇用を必要とする企業があるのです。

When you are job hunting, you may often hear the term "inbound".
Inbound refers to tourism in Japan for foreign visitors to Japan.
Services for foreigners already living in Japan are sometimes collectively called "inbound".
In Japan, the government has set a goal of receiving 40 million foreign visitors to Japan by 2020.
For this reason, there are great expectations for growth in the inbound market.
Some of you may have seen scenes in the news of Chinese tourists shopping in Akihabara or Ginza in large buses, called "Bakugai".
We can see that foreign visitors to Japan are helping to raise the level of Japan's economy.
When serving foreign visitors to Japan, it is necessary to serve them not only in Japanese, but also in other languages.
For this reason, some companies need to hire foreigners.

2、海外進出・海外取引先・海外支店などとのやりとり

海外の企業と取引があったり、海外に支店がある、
もしくは海外に本社があり、日本が支店である場合、外国人採用をする企業があります。

その場合は、どこの国とやりとりがあるか、どこの国に支店や本店があるかによって、採用される国籍も決まってきます。
また、国籍は違っても、英語が話せる、や、近隣の言語が話せる場合は、マッチングする場合もあるでしょう。
自分の言語を確実(かくじつ)に活(い)かす、という意味で、自分の国に支店がある企業を探す、というのも1つの企業探しの良い方法かもしれません。

Some companies hire foreigners if they do business with foreign companies, have branches abroad, or have their head office overseas and a branch office in Japan.
Depending on which country the company interacts with and in which country the branch or head office is located, the nationality to be hired will also be determined.
In addition, even if your nationality is different, if you can speak English or a neighboring language, you may be a good match.
If you want to make use of your language skills, it may be a good idea to look for a company with a branch office in your home country.

3、人手不足分野

募集をかけてもなかなか人材が集まらない業界や職種があります。
日本人にとっては人気がなくても外国の方には意外となじみのある仕事も多くあるものです。
しかし、日本では、外国の方が働くことができる仕事に制限(せいげん)を設けていました。
特に、人材不足と呼ばれる業種・職種での就労は認めてきていませんでした。例にあげると外食業などです。
そこで、2019年4月から新たに在留資格ができ、人材不足が顕著である14業種で働くことができるようになりました。これが特定技能ビザです。
また、正社員以外にも、慢性的(まんせいてき)に人材不足となるコンビニや工場でのライン業務、そして飲食店などでは多くの外国人がアルバイトなどで活躍しています。
人手不足分野での外国人の方の存在はなくてはならないものとなっています。

There are certain industries and occupations that are difficult to recruit for.
There are many jobs that may not be popular with the Japanese, but are familiar to foreigners.
However, Japan used to set restrictions on the jobs that foreigners could work in.
In particular, they did not allow foreign nationals to work in industries and occupations that were known to have a shortage of human resources. An example is the restaurant industry.
So, from April 2019, a new residency status was created, allowing you to work in 14 industries where there is a significant shortage of human resources. This is a specific skilled visa.
In addition to full-time employees, many foreigners are working as part-time workers in convenience stores and factories, where there is a chronic shortage of human resources, as well as in restaurants.
Foreigners are indispensable in fields where there is a shortage of manpower.

4、国籍が関係ない場合

今では、社員を採用する上で、国籍はあまり関係ありません、という企業も増えています。
その場合、外国人だから、という採用基準(さいようきじゅん)はありません。
ですから、日本人と同様の採用基準で採用されることとなります。
その基準は各企業によって異なるでしょう。
例えば、エンジニア募集で一番重視するのはプログラミングスキルです、の場合もあるでしょうし、法人営業で人とのコミュニケーション力を一番に見ます、という企業もあります。
その場合、日本語力はあまり関係ない場合もありますし、当然にN1レベルの日本語力を求める企業もあります。
自分のスキルなどが明確にある場合は、外国人だから、という武器ではなく、スキルを武器に仕事を探してみるのもいいかもしれません。

Nowadays, there is an increasing number of companies that do not really care about nationality when hiring employees.
In this case, there is no criteria for hiring foreigners.
Therefore, you will be hired according to the same criteria as a Japanese person. These criteria will vary from company to company.
For example, there are companies that say that programming skills are the most important thing in recruiting engineers, and there are companies that look at communication skills with people in corporate sales.
In this case, Japanese language skills may not matter much, and of course, there are companies that require N1 level Japanese.
If you have a clear idea of what your skills are, it may be a good idea to look for a job based on your skills rather than on the fact that you are a foreigner.